物事を始めること

  • 2022年1月1日
  • 2022年1月1日
  • BLOG,
  • 10View
  • 0件

最近は最強寒波に見舞われ、寒い日が続いていますが体調のほうはいかがでしょうか?

そして今年一年を振り返ってみなさんどうでしたか?今年はよい年になりましたか?

さて今日は最近の自分に当てはまる出来事で身近に感じたことなので物事を始めることについて書いていきたいと思います

もちろん需要はなさそうなテーマ(笑)

社会人になってみなさん新しく始めたこと、特に今年一年を振り返って何か変わったことはありますか?

僕は今年はある意味激動の一年になったと自分では思います

子供が生まれ、家が建ち、ブログを始め、発信を始め、デジタルアートも始めました

何故こんなに新しく物事を始めたか?それはやはり

チャレンジ(挑戦)がしたい

に尽きます(笑)

子供のころは10分や15分の休憩でも外にでてドッヂボールをしたり縄跳びをしたりと少しの時間があれば好きなことをやり、周りの目を氣にせず自分のやりたいことをやっていました

もちろん今まで僕は自分のやりたいことをやり今まで生きてきたつもりですが改めて振り返ってみると

周りから影響されていたり、新しく物事を始めることや新しいことに臆病になっていた自分がいることに氣づきました

なので子供心に戻るために昔のことを思い出し、どんなことをやっていたのかどんなことに興味をもっていたのか

そして現在どんなものに興味がありどんなことをあきらめてきたか等色々考えました

そうすると色々浮かび

  • 人より目立ちたい
  • いい人でありたい
  • 影響力をつけたい
  • お金持ちになりたい
  • アートをなんとなく見るのが好き
  • 色が好き
  • 夢見るのが好き
  • 言葉遊びが好き
  • 占いが好き
  • デザインが好き

本当に様々なことが浮かびました

そして何に熱中できるかわからないので自分が少しでもやりたいと思ったことは初動の氣持ちを大事にするため

すぐ行動に移しやりたいことをやるように意識しました

周りを氣にしないと思いつつ周りからのブロックや反対などで最初の氣持ちに少しでもネガティブな感情を避けるためSNS等でも別のアカウントで始めました

物事を相談する相手を間違えないこと

新しく物事を始めることはとても不安でまだ揺らいでる状態だと思います

そこで新しくもの事を始めるにあたって最初に相談する相手を間違えないことが重要だと僕は感じます

いつもネガティブなことを言ってたり変化を嫌うような友人に言っていては絶対に反対されますし親などは心配するあまり反対することが多いように感じます

なので最初に相談する相手は必ず押してくれるようなそして楽しんでもらえるような友人に相談ややりたいことを伝えると背中を押してもらえますし初動の氣持ちを少しでも大きくしてくれて新しい物事をスタートできるように感じます

自分の世界観を大事にすること

みなさんはどのようなことに熱中できますか?仕事ですか?遊びですか?趣味ですか?

僕はやはり自分の好きなこと、趣味です

仕事とは責任感や義務感でやらざるを得ないことが多くそういう状態では脳は働こうとせず新しいアイデアや発想などが生まれにくい状況にあります

しかし趣味や好きなことであれば24時間いつでもそのことを考えむしろ仕事中にでも考えてしまうほどです

それを仕事にできたら?と僕は常々思っています

今現在日本ではプライベートと仕事を分けることが正義なような風潮が多く感じられますが

仕事とプライベートを分けず24時間普段通りに生きて仕事はプライベートの中に組まれているような状況こそが一番仕事の効率をよくするように思えます

なぜなら生きている中で発想やアイデンティティをもらい仕事に生かし少しの合間の時間を仕事につかえ、なにより義務感、責任感のみで仕事を行っていないためすべてが自発的に行える行動だからです

そんなのはだ、そんなのは一部の人間だと思われる方もいるかもしれませんが無理だと思っていてはそれを達成するのは本当の意味で無理になってしまいます、なぜなら挑戦しないからです

改善思考とビジョン思考

今日本の大企業僕は自動車関連の仕事に勤めていますがその会社では改善思考を基本に現場は回っています

改善思考とは現実の問題点(本来あるべき姿と現実とのギャップ)を挙げその本来あるべき姿の水準にもっていくため日々改善をしてPlan(計画)Do(実行)C heck(評価)A ction(改善)のサイクルを回していくのが改善思考ですしもちろんその思考法で会社を大きくしてきた事実は今の大企業にはあります

しかし改善思考は新しい発想が生まれにくくどうしても現実的思考となりそれはマーケティングなどにも表れまず市場を調査し何が求められているか調査をするとこから始めるためほかの企業に先を越されることもありますし時間と費用がかかります

それに対しビジョン思考とはまずは妄想から始め夢をみることから始めます

そしてすぐに言語化してそのビジョンを固定化してしまうのではなくまずは落書きや絵など抽象化し様々な可能性を秘めたものとして形にします

もちろんそれを現実にするには言語化して他人にプレゼンをする必要はありますがその時点ではまだ可能性の段階なのでのちに行います

妄想や夢などはどうでしょう?例えば世界平和や人々に役立つことを絵にします

同じ言葉でも絵にすると個人のイメージなどによるので全然違うものができあがるでしょう(うまい下手の話ではありません(笑))

そのようにまずアウトプット(具体化)を行いそのアウトプットをまた視覚から見て気付いたことについての常識を考え、常識に逆を考えますそして言語化できた妄想を他人になどに発信をしてフィードバックをします(SNS等では決していいねの数などがいいフィードバックとは考えられないなぜならインスタ映えなどはある程度決まったようなものが多いから)

そしてフィードバックを得られたら再びまた妄想を始めるというサイクルを回します

この思考法で大事なのは右脳と左脳を行き来し感覚で感じることを具体化していくことの繰り返しを行うことです

簡単な説明ではありますがそれがビジョン思考の基本となる思考法です

もちろんそれがビジネスにつながるかわかりませんがおそらく世界を変えている人はそうでしょう

まずは夢を持つことからすべてが始まるし、そして何よりこの考え方に少し疑問をもたれるかたに伝えたいですが

夢や妄想が叶うことで何か不都合がありますか?

今の僕はやりたいことや妄想を繰り返し行って発信を行うことでアウトプットをし周りからのフィードバックをもらっています

もちろん今の形がどうなるかはわかりませんし、もともと器用なほうではないのですぐにはうまくいかないことばかりです

しかしうまくいかないことや道のりを今のように発信として形に残し少しでもほかの方の役に立つことができたらすでに僕の発信には意義があったと思えます

大事なことは自分の氣持ちからあふれ出る情熱をぶつけられるものを見つけそれに淡々と取り組むことだと思い

日々を過ごしています

つたない文章でしたが2022年もどうかよろしくお願いします

今回のブログは以下の本から学びを得たものです

それでは最後までお読みいただきありがとうございました

直感と論理をつなぐ思考法 VISION DRIVEN [ 佐宗 邦威 ]

価格:1,760円
(2022/1/1 20:36時点)
感想(6件)

最新情報をチェックしよう!